やけど

 
典型的な労働災害のケースとして、火傷(やけど)があります。
飲食店で働いている方や工場で働かれている方から被害のご相談を受ける機会は少なくありません。

事例としては・・・


たとえば、ファストフード店でアルバイトをしていた従業員が2階から1階に高温の油を運ぶ際に誤って階段から足を滑らせて、こぼれた油で顔や手、足にひどいやけどを負う事故が発生したり、工場で作業中にタバコの火が引火し、火災爆発で全身に大やけどを負ったりということが発生しています。

 
いずれの事例も特別なケースではなく、一定の可能性で発生するリスクがあります。
しかしながら、必ずしも十分な対策がされているとは限りません
 
労働災害の被害に遭われた場合、労災保険の給付に加えて、過失のある会社や事業者から損害賠償を受けられる可能性があります。

しかしながら、知識を持ちあわせていないがために、被害を受けた方が必ずしも賠償金を受け取ることができているわけではありません。
 

適切な賠償を受けるためには


適切な額の損害賠償を受けられる人と、受けられない人、その差はどこにあるのでしょうか?
それは速やかに専門家に相談したかどうかにあります。
 
労働災害が発生した場合、責任の所在が明確にならなかったり、損害賠償の適正額がはっきりしなかったりということがあります。
 
また、自身やその家族が勤めていた会社に賠償金を請求するのは一般の方にとっては非常にハードルの高いことです。そのため、被害を強く訴えることができずに泣き寝入りしてしまう方がとても多くおられるのが現状なのです。
 
弁護士に依頼すればあなたが相手と面談したりすることなく、一切の手続きが終了するようにもできます。その点のストレスもありません。
 
是非一度ご相談ください。
 
私どもは被害に合われた方々に適正な額の損害賠償を受け取っていただきたい。
むしろ、受け取れるべきだと考えております。

だからこそ労働災害、そして法律のプロとしてご相談者の代わりにすべての交渉を行うなど、被害者様を全面的にサポートさせていただいております。
 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい。

●ご相談の流れ

●当事務所の特徴とこだわり

●弁護士紹介

●事務所紹介

●弁護士費用

●アクセスマップ

toiawase.png