安全配慮義務違反とは

 

安全配慮義務違反とは、会社が労働者に対して果たさなければならない義務であり、労働契約法第5条で、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」と定められています。

 
労働者が業務の中で使用する設備や備品、器具、材料に不備がないように、会社側は環境を整えておく義務があり、さらに、それらの使用についても、労働者が危険に扱わないように指導、教育を行わなければなりません。

 
しかし、実際には多くの企業で、この安全配慮義務違反がしっかりと守られていないという現状があります。特に、中小零細企業においては、本業に忙しく、安全配慮義務の遵守に対して、十分に環境整備ができていない、コストを割くことができていない現実があるのではないでしょうか。

 

非常に残念ながら、十分な安全配慮がなされていない環境での事故・怪我について、被害者の方が適切な補償を受けられていないケースが散見されます。会社側から損害賠償の提示を受けた場合、これくらいが適正なのかなと思ってしまい、安全配慮義務違反が認められれば、より多くの補償が受けられるケースでも、その権利を行使していないケースが多いようです。

 
当事務所では、労働災害の被害者救済に注力してまいりました。弁護士が事業主との交渉を代理し、対等に交渉することで、損害賠償金が大幅に増額する可能性があります。

 
まずは一度、お気軽にご相談ください。
 

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にお電話下さい。

●ご相談の流れ

●当事務所の特徴とこだわり

●弁護士紹介

●事務所紹介

●弁護士費用

●アクセスマップ

toiawase.png